フォト

ろくからの一言

  • ★ぼくのブログの秘密
    ぼくのブログの写真の中に、ぼくのお友達くまの「ひろくん」が隠れているよ。探してみてね。 まずは、カテゴリーをチェックしよう!

お友達 ブロさる

  • google

博物館

2015年お正月 東京国立博物館にお出かけ

ええと、2月になってしまったくまね。

今年最初のブログだよ。

みんな!今年もよろしくま!

みんなは、どんなお正月を過ごしたくま??

1か月前のことで、忘れちゃった??(笑)

ぼくはね、東京国立博物館(通称:とーはく)にお出かけしたよ。

2015年お正月 東京国立博物館にお出かけ


松竹梅のおめでたい飾り。

展示品にも松や梅の絵柄の物がたくさんあったよ。

おめでたい気分がアップ!

2015年お正月 東京国立博物館にお出かけ


そして、正面玄関前では、

2015年お正月 東京国立博物館にお出かけ


獅子舞も!

ああ、お正月だね。

2015年お正月 東京国立博物館にお出かけ


そして、忘れてはいけないのが、羊。

2015年お正月 東京国立博物館にお出かけ


博物館の敷地内には、外にも展示物があるんだよ。

雨ざらしでいいのかなって思うけど。

かわいい羊さんは、門を入ってすぐにところで会えるくまよ。

では、みんな、今年も楽しく笑って暮らそうね。

科博サブレ

国立科学博物館、通称「かはく」のおみやげにサブレを見つけたよ。

科博サブレ


その名も「科博サブレ」。

3種類の絵柄があって、これは、「秋田犬ハチ」の絵柄。

科博サブレ


秋田犬のふるさと秋田県大館市で作られているサブレだよ。

さっくり、ほろほろ。

とってもおいしいの♪

みんなもかはくで買って食べてね!

「太古の哺乳類展」(於 国立科学博物館)に行ったよ

「太古の哺乳類展」にお出かけしたよ。

この展示は、日本で出土した化石をもとに、

遠い昔に日本に棲んでいて今は絶滅してしまった哺乳類のことを知ることができるよ。

ところで、昔の哺乳類の進化を知るには、何を見ればいいと思うくま??

太古の哺乳類展

それはね、歯だよ。

これは、デスモスチルスという種類の哺乳類の臼歯だよ。

デスモスチルスというのは、

円柱(スチルス)を束ねた(デスモス)ような臼歯っていう意味なんだ。

太古の哺乳類展


こんな風に化石になった動物ってすごいよね。

ずーーっと未来に科学の進歩という偉業を成すなんてね。

太古の哺乳類展


デスモスチルスの全身の復元。

太古の哺乳類展


これが想像図。

かわいいのか、怖いのか、微妙。(笑)

太古の哺乳類展


そして、その後の時代は、ゾウの時代。

太古の哺乳類展

これは、ゾウの歯だよ。

この歯のゾウは、ミエゾウっていうの。

名前の通り、三重で発見された化石だよ。

日本にも昔はゾウが歩き回っていたんだね。

太古の哺乳類展

そして、これ↑は、ナウマンゾウだよ。

大きなゾウが歩き回っていたなんて、今からでは想像できないね。

家が壊れちゃう!(笑)

太古の哺乳類展

ゾウの歯は、奥から少しずつ前に押し出されるように生えてきて、

どんどんすり減っていく前の方の歯とゆっくり入れ替わるんだって。

太古の哺乳類展

これ↑は、シベリアで発掘されたケナガマンモス。

とっても大型のゾウだね。

絶滅してしまって、残念だな。

鳴き声を聞いてみたかったよ。

2014年お花見・東京国立博物館(2)

2014年お花見・東京国立博物館(2)

「とーはく」は、 季節限定のお庭も素敵だけど、

それ以外にも大きな樹がたくさんあるよ。

2014年お花見・東京国立博物館(2)

それぞれの木々が季節の美しい姿を見せてくれる。

2014年お花見・東京国立博物館(2)

本当に美しいね。

そして、「とーはく」のシンボルツリーの「ゆりのき」。

2014年お花見・東京国立博物館(2)

黄緑色の葉っぱがたくさん出てきたよ。

春だね!!

2014年お花見・東京国立博物館(1)

お花見に出かけると、綺麗なお花に囲まれてとっても楽しい気分になるくま。

2014年お花見・東京国立博物館

パンダくんも楽しい気分なりかね??(笑)

これはね、上野駅構内の桜(作り物)。

パンダくん、かわいいね。

おだんごもおいしそう!!

2014年お花見・東京国立博物館

今日の桜は、上野の桜。

東京国立博物館(「とーはく」って呼んでね!)のお庭にお花見に来たよ。

2014年お花見・東京国立博物館

とーはくの奥のお庭は、春と秋に公開されているよ。

2014年お花見・東京国立博物館

たくさんの人がお花の美しさを楽しんでいたよ。

大勢で楽しめるのもお花見の醍醐味くまよね。

2014年お花見・東京国立博物館

普段は入れないお庭を歩けるって、特別な気がするよ。

2014年お花見・東京国立博物館

満開の桜って、いつまでも見飽きないくまね。

東京国立博物館春の庭園解放(その1)2014年3月

上野にある東京国立博物館には素敵なお庭があるんだけど、

普段は入ることができないんだ。

でも、春と秋に一定期間庭園が解放されるよ。

東京国立博物館春の庭園解放(その1)2014年3月

春の庭園解放のメインは桜だけど、今はまだ梅の季節。

桜の華やかさはないけど、静かな日本庭園を散策するよ。

東京国立博物館春の庭園解放(その1)2014年3月

庭園内には、古い建物が移築されているよ。

東京国立博物館春の庭園解放(その1)2014年3月

これは、転合庵 。お茶室だと思うくまよ。

東京国立博物館春の庭園解放(その1)2014年3月

こっそり一休み。

東京国立博物館春の庭園解放(その1)2014年3月

ここでは、こっそり灯篭に座って一休み。

休んでばっかりのこぐま。(笑)

東京国立博物館春の庭園解放(その1)2014年3月

九条館という建物は窓が開いていたので

中をのぞいてみたよ。

東京国立博物館春の庭園解放(その1)2014年3月

床の間の絵が立派だね。

東京国立博物館春の庭園解放(その1)2014年3月

欄間も細かい細工だよ。

東京国立博物館春の庭園解放(その1)2014年3月

池があると、お庭が一層広く感じる気がするね。

東京国立博物館春の庭園解放(その1)2014年3月

梅が終わると、次は桜。

お花見三昧しようね!

2014年春が来た!

国立博物館の樹木ツアーに参加したよ。

国立博物館では、所蔵品に関するツアーはもちろん、

敷地内の樹木に関する解説ツアーもあるんだ。

面白いね!

2014年春が来た!


この大きな樹は、国立博物館のシンボルツリーのユリノキだよ。

今は葉っぱも何もないけど、かわいいお花が咲くんだって。

それに、たくさんの蜜がとれるらしい。

ぼく、風船を持って樹に登って蜜を食べたいかも!?(笑)

2014年春が来た!


これは、表慶館前のヒマラヤシーダー。

クリスマスツリーにしたら大迫力になりそうな常緑樹。

そのほかにもいろいろな木々のお話が聞けて勉強になりくま。

木々とお友達になれそうなツアーだったよ。

2014年春が来た!

春を告げる梅のお花が咲き始めていたよ。

2014年春が来た!


紅梅。

美しいね。春だね。

お花の季節くま!!!

2014年春が来た!

表慶館のライオンにご挨拶して、この日は家路についたよ。

2014年春が来た!


「ガオォ~ン」って答えてくれはしなかったけど。(笑)

上野公園を歩いていたら、赤いものを発見。

近づいてみたら、カンザクラだったよ。

2014年春が来た!

春だねぇ。

2014年春が来た!


上野公園は桜の名所だけど、

ソメイヨシノだけじゃなくて、いろいろな種類の桜があるんだ。

長い期間桜のお花が楽しめるんだ。

春をいっぱい楽しむぞ!

「大恐竜展・ゴビ砂漠の脅威」で恐竜に出会った?!

国立科学博物館の特別展「大恐竜展」に行ってきたよ。

恐竜関係の展示はいつも大人気なので朝一でお出かけくま。

入場の列にいたら、近くにいた子供が父親に

「恐竜って本物??」

って尋ねたよ。

ぼくも一瞬考えた。

恐竜の骨の展示は、果たして本物の展示と表現すべきか????

動物園みたいなのを想像しているんなら、もちろん本物じゃない。

そんなのいたら、食われちゃうし!(笑)

プロトケラトプス

安全な骨をじっくり観察くま。

展示の多くは本物。

本物の迫力!!と言っても、動かない骨だけど。(笑)

アラシャサウルス


ゴビ砂漠には、古い地層が表面に現れているところがあって、

そこは、恐竜の化石の宝庫らしい。

発掘チームはテントを張って宿泊しながらの発掘作業。

砂漠には日陰がないので、昼間はトラックなどの車両の下に入って休憩するんだって。

発掘って結構過酷だね。

サウロロフス


恐竜の卵から大人の化石までいろいろあって、勉強になるくま。

こんな大きな化石を掘り出すのって、何日かかったのかな??

プロトケラトプス

化石になる時は、どういう風に化石になっていくのかな??

タルボサウルス

恐竜が絶滅してなかったら、どうなっていたかな?

しろくまはいたかな??

疑問でいっぱいになって、特別展を後にしたよ。

チョコレート展 国立科学博物館2013年

国立科学博物館で開催されているチョコレート展にお出かけしてみたよ。

チョコレート展 国立科学博物館2013年


このチョコレート展は、チョコレートのことがなんでも解っちゃう展示だよ。

チョコレート展 国立科学博物館2013年


これはカカオの木だよ。

この実の中の種の部分がチョコレートになるんだよ。

チョコレート展 国立科学博物館2013年


チョコレートは最初飲み物だったんだって。

棒でかき混ぜながら飲んだんだ。

チョコレート展 国立科学博物館2013年


ヨーロッパでは古くはチョコレートは貴族の飲み物で、

カップもかなり豪華なものだったんだよ。

チョコレート展 国立科学博物館2013年


↑これは、チョコレートになる途中の形。

このチョコレート展では、カカオ豆になってチョコレートになる体験ができるよ。

なかなかレアな体験くま。

チョコレート展 国立科学博物館2013年


これは、なんと!チョコレートで出来たパンダさん。

チョコレート展 国立科学博物館2013年


恐竜なんかも作れちゃう。

おいしくて、アートで、みんなに愛されているチョコレート!

ますます好きになっちゃったよ。

ノーベル賞のメダル

上野の国立科学博物館でノーベル賞に関する展示が行われているんだ。

そこで、なんと!ノーベル賞のメダルに触れるよ!

ノーベル賞のメダル


こんな風にメダルと一緒にお写真が撮れるくま!

ノーベル賞受賞者の気分に!(笑)

ちょっと賢くなった気がしたよ。

banner

  • お買いものなら楽天
  • dictionary
  • Recommendation
  • 今週のオススメの一品

     
  • その他のかわいい雑貨は・・・

    「かわいい雑貨を集めて」へ。
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ